モロッコ旅行のお供にHAMADA TRAVEL
異国情緒なモロッコでオリジナルな旅 <モロッコ現地発着ツアー、個人ツアー>
メールはこちらへ

ミネラルを多く含み、汚れの吸着性が高いクレイ(粘土)です。
アトラス山脈の麓でしか採れない貴重なクレイです。
グレーガッスールが一般的ですが、白ガッスールもあります。
シャンプーや石鹸として使われています。
保湿性にも優れているため、顔だけでなく全身のパックにも使えます。
最近は、日本でもパック製品の材料として使用され売られているようです。

コホルは、深い地層にある黒い鉱物を砕いたものです。
モロッコでは、アイライン、アイブローに使われる黒い粉です。
化粧品としてだけでなく、目の病気にも効くということで、多くの人が日常的に使用しています。

モロッコのバラ水は、ダマスクローズという貴重なバラから抽出された香り高いバラ水です。
バラ水には、抗菌、殺菌、炎症効果があり、化粧水やエステなどで使われています。
モロッコでは、目の洗浄や熱冷ましとしても使われています。
モロッコ南部、エル・ケラア・ムグナの村がバラ栽培で有名で、5月上旬にはバラ祭りが行われています。

  
天然染料のヘンナ。
ヘンナの葉っぱを乾燥させ粉末状したもので、水やローズーウォーターなどと混ぜペースト状になったものをス使います。染めた部分はオレンジ色に染まります。
モロッコでは、髪染め、お祝い時に手足の模様描き、手足の肌荒れなどに使われています。
日本でも美容室のカラーリングに使用されているようです。

抗酸化作用があるビタミンEが豊富なオイルです。老化防止に最適です。
日差しが強く、乾燥するモロッコでは、顔を含む全身の保湿剤として使われています。
食用としても使われてもいます。美容用に比べ香ばしい香りがします。
アルガンの木は、モロッコ西南部にしか生息していません。
さらに手作業でアルガンの種を石臼で挽いてオイルを抽出しているため、一度にできる量は限られており、とても貴重なオイルです。