モロッコ旅行のお供にHAMADA TRAVEL
異国情緒なモロッコでオリジナルな旅 <モロッコ現地発着ツアー、個人ツアー>
メールはこちらへ

暑い暑い夏ですね。
こんなに暑い時は、海に行ってみたくなりますね。
エッサウィラは、大西洋に面した港町です。
湿度があり、比較的に朝晩の気温差が少なく、内陸部に比べ暑さも緩やかです。(暑いのは暑いですが。)
新鮮な魚介類が多く、港町ならではの料理を楽しめます。
また、大西洋に沈む夕日が美しいです。
小さい街、メディナなので、ゆっくりと町並みを楽しめます。
マラケシュから車で3時間ほどのところにあり、日帰り観光もできます。

  
  
  

     
モロッコの首都ラバト。モロッコの観光地としてマラケシュ、フェズ、砂漠などが有名だが、首都ラバトにも楽しめるところはたくさんあります。今もなお生活の場として人々が行き交う旧市街(メディナ)と大使館などの近代的な建物やお洒落なレストランが立ち並ぶ新市街のコントラストが楽しめる街です。他の街に比べ並木通りや公園などで緑を感じることもでき落ち着いた雰囲気があります。また、現国王在住の王宮、ムハンマド5世の霊廟、ハッサンの塔、ローマ遺跡などの観光場所があります。 (首都ラバト2012年世界遺産登録)

マサガンは、モロッコのアル・ジャジーラという街にあります。ここは、16世紀、ポルトガルの支配下にあり、当時はアサガンと呼ばれていました。メディナは、巨大な塁壁に囲まれており要塞やポルトガル建築を観ることができます。アル・ジャジーラは、カサブランカから1時間半程のところにあます。カサブランカからの日帰り観光やカサブランカからマラケシュに行く間に立ち寄り観光することができます。大西洋に面しており、リゾートとして国内外から訪れる人も多いです。ゴルフを楽しむこともできます。(マサガン[アル・ジャジーダ]2004年世界遺産登録)   

  
エッサウィラは、大西洋に面した港町です。大西洋に沈む夕日がとても美しい場所です。15世紀、ポルトガル人の貿易の拠点地でした。その後、衰退するが、18世紀にフランス人によって現在の街として造られました。現在は、カモメが飛び交う海岸に、青空と白壁の街並みがとても美しいこの街です。小さい街ですが、海外の多くの芸術家やモロッコ人観光客が訪れる街です。(エッサウィラメディナ2001年世界遺産登録)

15世紀、スペインから逃れてきたイスラム教徒によって作られた街。南部スペイン、アンダルシアを思わせるような白で統一された家並みと青空の風景がとても印象的なメディナ。
スペインの雰囲気が漂う街並みを楽しめる。(ティトゥアンメディナ1997年世界遺産登録)